二重まぶたになった仙台での整形

自分の顔の違和感は一重だった

二重まぶたは学生時代からの憧れで、同時に小さな頃からずっとコンプレックスを抱いていました。
顔付きは遺伝なので仕方がありませんが、物心がついた時には既に、何故他人とここまで違うのかと悩み始めています。
十数年もの間、誰にもいえなかったコンプレックスを抱いていたので、性格的に少し曲がってしまったと、自分のことながら残念な思いがあります。
ただ、現代では整形医療が発展していますし、仙台においても相談先の選択肢が豊富にあったので、大人になったら顔を好みに変えようと長いこと夢に描いてきました。
今までの悩みが解消できるだけでなく、気持ちの面でも負の感情が断ち切れる、そういった希望もありました。
成人してようやくお金が貯まった時、勇気を出して仙台のクリニックを訪れました。
二重まぶたの施術が得意で評判の良いクリニックを絞り込んだので、これで理想通りの整形が受けられると喜びました。
先生には長年の思いをぶつけ、今まで頑張って耐えてきて偉いと言われたことを思い出します。
その瞬間、とても恥ずかしいのですが涙が溢れてしまい、しばらく言葉が出ませんでした。
気持ちが落ち着きカウンセリングを再開すると、具体的な施術の話し合いに進みました。
どういうデザインを希望するか、手術方法はどれを選ぶかなど、思いの外選択肢が多いことに驚きました。
1つ1つの話し合いに時間を掛け、最終的に選択することになったのは、傷跡が残りにくい最新の技術です。

自分の顔の違和感は一重だった | 先生の技術で痛みが変わる? | 自信がついて外に出るようになった