二重まぶたになった仙台での整形

自信がついて外に出るようになった

二重まぶた : 二重などの美容整形

施術が終わり先生からお疲れ様の声が掛かると、意識は妄想から現実へと引き戻されました。
麻酔が切れた直後は流石に違和感や痛みが生じましたが、嬉しさの方が大きいからか、あまり気になりませんでした。
鏡で顔を観察したり、まぶたを指で触ってみたい気持ちもありましたが、ここは我慢が必要だと考えじっと耐えました。
術後の経過は素人の自分からしても順調で、腫れは日に日に引いて二重まぶたが現れました。
それは以前から理想に描いていた目元で、力を入れなくても自然に二重が保てるまぶたです。
コンプレックスが強かった学生の頃は、鏡の前で目元に力を入れたり、見開くなどしておかしな顔をしていました。
はたから見れば滑稽ですし、今の自分からしても無駄な努力や虚しいあがきだったと感じます。
仙台の先生のおかげで二重まぶたが手に入ってからは、毎日が楽しく休日の外出も充実しています。
整形という後ろめたさは全くありませんし、むしろこれが新しい自分だと思い、挑戦や努力の意欲が高まりました。
顔が変われば心まで変わる、これは今までにおいて一番驚いた変化で、整形を受けて本当に良かったと実感しています。

自分の顔の違和感は一重だった | 先生の技術で痛みが変わる? | 自信がついて外に出るようになった