二重まぶたになった仙台での整形

先生の技術で痛みが変わる?

自分の顔の違和感は一重だった | 先生の技術で痛みが変わる? | 自信がついて外に出るようになった

実績がやや少ないという不安はありましたが、先生の技術力と評判を信じ、ついに二重まぶたの整形を決めることができました。
施術までには少し時間が空き、その間に不安を覚えたのも事実ですが、不安感より期待の方が上回ったのも確かです。
再び仙台のクリニックに訪れた当日は、不思議とこれまでに感じていた不安は全くなく、心は穏やかで自分でも初めてのことでした。
最後に先生から説明を受け、手術の同意を経て二重まぶたの施術に入りました。
麻酔はいわゆる局所的なもので、痛いという噂は知っていましたが、実際はそれほどではなく拍子抜けしています。
後で改めて振り返ってみると、この麻酔の痛みのなさも技術力のおかげで、腕が良いからだったと思います。
施術中は終わった後のことばかりで頭が一杯になり、二重になったら何をしようかと、あれこれ妄想が膨らみました。
勿論、手術後は腫れたりダウンタイムが発生するので、直ぐに仙台市内に遊びに繰り出せるわけではないです。
それでも、楽しい気持ちで一杯になったり、心が満たされて幸せの真っ只中にいたのは本当です。